いつまでたっても減らないミス


5273719655_833e952080_zこれまで何度も同じことをやっているのに、ID発行と血液サンプル番号振りで番号の重複がどうしても起こってしまう。(今日も一件発生してしまった。明日取り直しだ・・・。)しっかりと確認しながらやってくれてはいるみたいなのだけど、どうしたものか。ふとした瞬間に気が抜けるのだろうか。本当はその場所に人を多く配置して、ミスが起きないように、また仮におきたとしてもその場で対応できるようにしたいのだけど、そこまで人はいない・・・。

制約の中でうまくやりくりするしかないのが、フィールドワークなので、わがままをいっても仕方ないか(! いつも結論はここに落ち着く) 毎晩サンプルと質問紙を確認して、抜けがあったら翌日に対応する―これがとりあえず取れる最高の策。これだと日本に戻った後に、「ゲッ、取り忘れた!」ということだけはない。これはかなり重要なこと。

写真はCRPを分析するための濾紙(手前右)と指を穿孔する針(手前左)。アルコールに綿棒を浸すための容器は、アルコールが入っていた容器を工作して作った。お前は発明家かとやたらとほめられた(笑)自分の感覚からすると当たり前のことでも中国人にはそうでもなく映るらしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください