中国国内でのビザの延長


今回の滞在は「一か月」のつもりで、航空券とビザを手配した。ところが実際の滞在は31日で、30日間有効のビザだと足りなかった。今から考えれば、上海での入国審査の前にビザを購入すればよかったのだが、それには思い至らず入国してしまった。

海口までの国内線までの時間に、空港のイミグレで聞いたら上海の出入境管理局に行けと言われたのだが、まさか上海市内まで行くわけにもいかず、海口に到着してから海南省の出入境管理局を探し訪れることにした。海口市のものではなく海南省の出入境管理局を訪れることにした(海口市の管理局でも対応可能かもしれないが詳細は不明)。

◇行き方◇
1. バス(13路)に乗って終点(紫荆花园)へ。42路でもOK。
2. バス停から降り、バスが進んできた方向にそのまま30mくらい進むと写真の看板。
3. そこで左折して150m歩いたら右手に見えてくる建物がそれ。神舟商旅酒店の前。

◇建物の中は…◇
建物の1階は中国人の出国用カウンターとビザ/パスポートの受け取り用なので、日本人のビザ申請は2階へ。右手の階段から上がると便利。
申請費は160元で、これは受領の際に支払う。証明写真とパスポートのコピーが必要となるので事前に準備されたし。コピーを取ったのは、旅券、ビザ、入国スタンプのページ。ちなみに写真撮影もコピーも管理局の1階で行なうことも可能。コピーは1枚1元、写真は30元(←高い!)。

受領証には受け取りは8日後と記載されているが、そんなに待っていられない。そこで、加急費(※)のサービスがないのかと確認したら、水曜日の午後か木曜日の午前にはできているはずだと言われた。実際は行ってみないとわからない。

思ったよりもずっと対応がよくてびっくりした。

――――――
※ カネを積んで早くしてもらう制度、日本の中国大使館のビザ申請にはある。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

デスノート?

次の記事

Tweets of the week