日赤授業7回目+Stata


日赤授業

タイへの出張の都合で時間調整をしてもらい、今朝1限(9:00-10:30)に「医療と文化」の補講。今回が7回目の講義だったので、折り返し地点を迎えたことになる。思ったよりも順調に進んでいる。

前回に引き続きテーマは「リプロダクション」。今日はすこし応用編ということで、特別養子縁組に関するドキュメンタリーを見てもらった。友人(たしか、ぐれ)のFBポストで知って、個人的に視聴するのは今回で4回目だったが、やはりいろいろ感じるものがあった。様々な事由で中絶をしなくてはならなくなってしまった人。不妊治療を続けても上手くいかず母親になれなかった人。特別養子縁組という制度が、母親になれなそうだった彼女たちをともに母親にするのだな、と。生みの親が育てられるのが理想なのかもしれないけど、現実問題としてそれだけに収まらないのも事実で、そんな現実に向き合っている人たちがきちんと描かれていた。学生が提出してくる感想に期待。

http://www.youtube.com/watch?v=D-nWWvaY7TQ

研究

パネルデータを扱うためにStataの勉強。博論のデータ分析の確認も含めて行なった。1章から3章のコマンドを確認。もう少し進むかと思ったが、変なところで何度かつまずいた。

あとはマルチレベルの教科書を矢澤さんに見せてもらった。中澤先生のホームページで知った本。値段の割にすこしページ数が薄い気がするけど、中身は充実してそうだったし、お隣の教室出身の先生が書かれた本なので購入することに^^

夜は教室でおでんを食べることになった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください