MTG20130701


hu

China: A Country Study.

Robert L. Worden, Andrea Matles Savada and Ronald E. Dolan, editors. China: A Country Study. Washington: GPO for the Library of Congress, 1987.

中国関連の英語表現。
Population / Population control program / Migration / Minorities / Health care / Social Change / Social Differentiation / Rural Society / Reform of the Economic System / Agriculture / Living Standard / The politics of Modernization / Japan

http://countrystudies.us/china/

UN Task Team on the Post-2015 UN Development Agenda

▼移民数
・国際移民:214 million(世界人口の3%)
・国内移民:740 million

▼グローバルアジェンダとしての移住が取り上げられる理由
[1] 低開発の存在が国際移民の主要な理由である。:プッシュ要因(格差、社会経済的な不安定、人口圧)
[2] 国際移民が出身国の開発にマイナスに働く。(頭脳流出 Brain Drain)
[3] 移民が出身国に送金することが貧困削減に貢献する。(途上国への送金はUS$ 372 billion [2011])

▼Highly skilled migrantsの動向
Tertiary Education (第三期の教育):1999年160万人 → 2008年280万
知識基盤社会(knowledge-based societies)では技術的・経済的な発展に必要な知識にアクセス、理解、使用できる人材が必要とされている。

▼移民の女性化 (feminization)
女性のエンパワーメント
出身国の社会構造に大きな影響(特において行かれる子供たちの存在)

▼国際移民に関するレビュー
Chapter X of the Programme of Action of the 1994 International Conference on Population
and Development (ICPD)
https://www.unfpa.org/webdav/site/global/shared/documents/publications/2004/icpd_eng.pdf

じん肺で死に行く出稼ぎ労働者たち

中国経済成長の代償、じん肺で死に行く出稼ぎ労働者たち

じん肺:石綿病+黒肺病

低賃金で働く農村部からの出稼ぎ労働者 2億3000万
労働環境の安全基準は低い
建設現場での掘削や発破の仕事でも薄っぺらな保護マスクしかつけない。

公式統計 67万6541人(職業病の90%)
実際には600万に上る可能性があるという指摘も。

発症までの潜伏期間が長い。
「胸がふさがれているような感覚。」「胸がとても苦しい。」

一部は、政府から7万元~13万元の補償金を受け取った。
じん肺がかかった犠牲者のうち、補償を受けることができるのは中国全体で推定10~20%程度。

▼離職するじん肺有所見者のためのガイドブック(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/0703-1.html

http://www.afpbb.com/article/economy/2949019/10870633?ctm_campaign=txt_topics

「がん村」 200か所超

発がん性の高い有害物質を含んだ地下水を引用してがん患者が多発している。
「癌症村」が国内で200か所以上に達する。
環境保護省も20日に同様の内容を通知。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013022400190

親の出稼ぎで置き去りにされる子どもが6100万人

経済的に余裕がないため、遠く離れて働く親が子どもが会いに帰れるのは年に一年程度となっている。

20年以上もの間、農村部の貧困層に対し、成長促進と生活水準向上のため都市部への移住を奨励してきた。中国には現在2億6300万人の出稼ぎ労働者がいる。

都市部では農村部よりも賃金は高いが、同時に生活費もかさむ。
戸籍の登記制度により、都市部の戸籍を持たないものは医療や教育などの社会を受けることができず、移住者に対する格差が生じている。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2951114/10925902?ctm_campaign=txt_topics

中国の「一人っ子政策」と伝統の崩壊

1950年代  出産奨励(一組の夫婦が5,6人の子どもを出産するのは普通だった)
1960年代  人口の爆発は食糧難
1970年代  都市部では食料などの配給制導入
1980年代  人口爆発を食い止めるため「一人っ子政策」

一人っ子政策の効果
[1] 食糧需給を均衡させたこと
[2] マクロ経済成長を直接的に支えた。
      一人の子供の面倒を見るだけでよく、しかも自分の両親から経済的支援を受ける。
      一人っ子政策によって、現役世代の消費を拡大させることが可能になった。

一人っ子政策の帰結
高齢化、社会保障費の膨張が予想される。
大家族制度は崩壊してしまった。

その時々の政治的必要性と緊急性に応じて近視眼的な政策を実施してきたため、国は本来あるべき形と姿を見失ってしまった。

http://www.spc.jst.go.jp/experiences/karyu/karyu_1303.html

中国人は豚肉を食べ過ぎ!

・中国は豚肉の消費量と生産量でともに世界の約半数を占めている。
・2011年の国民一人当たりの消費量は、1980年の4倍で、総消費量は5000万トン。
・住居に隣接した豚小屋での飼育(効率悪い、病気リスク高い)から、集中飼育所による抗生物質使用の飼育に移行している。
・薬剤耐性病原体発生のリスクが高まっている。
・中国人が豚肉をよく食べるのは、過去に経験した大飢饉が心に刻まれているからであり、理解を得るのは難しいだろう。

http://www.guardian.co.uk/commentisfree/2013/mar/23/china-loves-pork-pig-carcasses

中国、富裕化に伴い新たな健康問題

90年代の中国の健康事情は発展途上国に酷似していたが、現在は先進国に近づいている。
平均余命:1990年69.3歳  2010年75.7歳 (主要20カ国中12位)
死亡する子供の数:1990年100万人  2010年21万3000人
現在の主な健康障害:脳卒中、虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、腰痛、交通事故
主な危険因子:喫煙、食習慣、高血圧、大気汚染
中国に特徴的な傾向:早期死亡の原因上位15位までに、肺がん、肝臓がん、胃がん、食道がん、直腸がんの5つのがんが入っている。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2948766/10864321
論文(Lancet)
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0140673613610971

Field and Laboratory Methods in Human Milk Research

・母乳に関する研究方法についてのReview論文(AJHB)
・母乳の組成はpopulation間/内にvariationがあるどころか、1人の母親についても日内変動や授乳頻度、栄養状態等によって異なるので、十分に方法、サンプルサイズを検討する必要がある。
・脂質、タンパク質、糖の他、特定のホルモンや免疫タンパク、微量栄養素などに関して方法論が確立されている。
・母乳中の何を測るかによって、保存方法が変わる。基本的にはバクテリアの影響を抑えるために、直ちに-70度に凍結するべきである。特にビタミンAに関しては、遮光してアンバーチューブに入れ、脱気する必要がある。
・フィールド調査に使える方法として、Dried Milk Spot (DMS) (Brown et al. 1982)を使ってIgAを測定する方法が開発されている。
・0-150µLの母乳を濾紙にしみ込ませ、室温で保存が可能。
・DBSほど確立された方法ではない。
・MIRIS Human Milk Analyzerという機械がとても有用で、母乳中のMacro-nutrientを測定できる。
・1mLのサンプルで、1分以内に結果が得られる。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/ajhb.22334/abstract


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

MTG20130624

次の記事

MTG20130708