ヘルスリタラシー向上のためのトレーニング


間違った健康情報に騙されないで!

公衆衛生・保健学の研究者なら巷の「あやしい健康情報」について、こういう反応をするという例です。

  • 「アロマ気功は、肩こりや腰痛といった日常の体調不良から、がんや子宮筋腫など難病に至るまで効果があります。」ってどうやって評価したの? たまたま病状が好転した人だけが、このアロマ気功に効果があると勘違いして、通院し続けているだけでは?
  • 「内分泌系ホルモンバランスと免疫力、腸内細菌を最も重要視して施療してきた」とあるのだけど、どうやってそれを評価したのだろうか。医療機関でないのに、どうやって測れるの?

  • 音楽聞くと何で細胞が38℃になるの? メカニズムは?
  • 熱に弱いがん細胞? それ自体が発熱するってこと?
  • 脊髄の中のリンパ球、血液? そこにずっととどまっているものがあるってこと?
  • 映画、テレビ、音楽でがんを直すって・・・がん細胞に聴覚はないです。