大統領令に対するUNCの反応


難民・移民を制限する大統領令が27日に出されたのに対して、学長名で29日夜に学内にメールが届けられた(http://www.unc.edu/campus-updates/message-chancellor-folt-response-executive-order/) 素早い対応、そして心強いメッセージだ。
 こういう状況になって感じるというのは皮肉なことだが、こういうメッセージを見ると、アメリカの移民に対する寛容さ、多様性に対して置く価値の大きさが、アメリカに人を集めて、アメリカを成長させてきたことがよくわかる。これからトランプ政権下で移民排斥がどの程度進んでいくのかは分からないが、アメリカの成長のエンジンが失われる可能性はあるだろう。アメリカンドリームが起こらないアメリカに行きたがる移民はどこにいるのだろうか(ご飯も大しておいしくないのに)。そもそも仕事を奪っているのは移民だけでなく機械化(それに伴う人による作業の複雑化・高度化)もであろう。トランプはこれから機械化も否定するつもりだろうか? 

To our more than 3,000 international students, scholars, staff and families – representing more than 100 countries: you are essential to our vibrant Carolina community. We remain fully committed to a diverse and inclusive campus and want all who work and study here to feel welcomed and valued. Those who come from the listed countries and anyone else can reach out to UNC Global with questions and concerns. They and many others across campus stand ready to help.

In the coming weeks and months, we encourage everyone to do your best to stay focused on your work, and fully engaged in the dreams that brought you here.