Stata 複数のKeyでマッチングする


研究

複数のKey sort variablesを使ってデータをマージする方法がずっと分からないでいたのが、今日、一日中調べていてようやく分かった。さっき連絡したら、矢澤さんはもう分かってたって言ってたな…。まぁでもこれで、CHNSも第一歩目を歩みだすことが出来そう。分析の方向性としてはやはり従来のコミュニティの中の分集団の出現という軸にしたらいいかなって思う。分集団化というのはグローバル化の本質だ。でもなかなか保健の研究でそれを言ってるのって少ない気がする。

そういえば、経済学系研究科の先生と連絡を取ることが出来たのは本当によかった。先生はCHNSを使ったことがあるらしく、ネットで検索していて見つけ、メールを送ったのだった。一緒に研究をすすめることが出来るようになるのは少しあとになりそうだが、中国・海南島チームとしては心強い仲間がとうとうあらわれた感じか^^

—–
clear
cd “C:\Stata_data\CHNS_current”

use m12educ, clear
sort hhid
save data3, replace

use m10pact, clear
sort hhid
save data4, replace

merge 1:m hhid line wave using data3
save merged_data
—–

とうとう見つけた方法のページ
 http://blog.stata.com/2011/05/27/merging-data-part-2-multiple-key-merges/